Zoomの画面共有は機能満載!ホワイトボードからリモート制御も!

誰でも無料で手軽にリモートワークが出来るのでZoomが爆発的に広まってますね。

stay at homeでZoomお茶会や飲み会も大流行り。でも、飲み会だけじゃもったいない、お仕事や打ち合わせにもかなり使いやすい機能があります。

それは、画面共有!

もうご存じかもしれませんね。しかし、単なる画面の共有だけじゃないんです。相手の画面操作や、ホワイトボードを使った説明もできる、かなりの優れもの。

画面共有をきわめて、お仕事倍速させましょう。今回は、画面共有についての詳細な説明です。

**お仕事で使う場合は、セキュリティ対策も万全にしてくださいね。詳しくはこちらの記事にて。

Zoomの脆弱性が大問題?セキュリティ-対策は必須!簡単なひと手間で
わずか数か月でユーザー数が1000万から2億人!と大激増のZoom。すっかりおなじみになりましたね。拡大すると問題に上がるのがセキュリティ-問題。見ないふりではすまされない。後悔しないために今すぐできる対策をまとめました。

zoom 画面共有でできること

Zoomの画面共有でできることを最初にチェックしましょう。

画面の共有はホストに限らず、参加者の画面も共有ができます。また、複数の画面共有も可能です。

複数の画面共有は、残念ながら無料プランではできません。月額2000円のProプラン以上が必須で、さらに、オプションとして、月額6600円のZoom Roomsの機能追加が必要です。

今見ている画面の共有

画面そのものの共有です。画面全面が出てしまうので、ちょっと注意が必要ですね。見せたくないものは事前に片づけておきましょう。

立ち上げているアプリケーションの共有

グーグルクローム、エクセル、パワーポイントなど、立ち上げているアプリケーションを選択して表示さることができます。

ホワイトボード

その名の通り、ホワイトボード画面です。文字を書いたり、図形を表示させたりできます。参加者もホワイトボード上に書くことができます。

リモートで相手の画面操作(リモート制御)

共有者の画面操作がリモートでできます。実は私も今回初めて知ったのですが、ちょっと感動しました。やり方は後程詳しく説明します。

画面共有のやり方

画面共有を始めるには、中央の画面共有をクリックするか、下の操作バーの画面共有をクリックします。


次に、共有する画面を選択します。この場合↓は、見ている画面そのものを共有することになります。

この場合↓は、パワーポイントを共有ですね。

選んだら、右下の共有をクリックします。これ、忘れがちなのでご注意くださいね。うっかりすると、自分だけにパワーポイントが見えていて、ほかの参加者には見えていないことがあります。

共有できているか皆さんに確認するのがいいですよ。

次の画面を共有したいときは、新しい共有をクリックすると、次の共有ができます。

画面共有はホスト以外でも出来ます。

もしできないときは、設定を見直してください。

マイアカウント > 設定 > ミーティングにて(基本)から このように設定しておきます。

このように、参加者でも共有ができるようになっています。

この画面は、ホスト(PC)で参加者(スマホ)画面を見ています。コメントなどもホスト側から入れられます。(白抜き❤部分です)

メニューバーと共有の停止

共有中にメニューバーを出したいときは、上野中央部分にカーソルを合わせるとメニューバーが現れます。

赤い部分をクリックすると、共有の停止ができます。


複数の画面共有

プロアカウントで、オプション料を支払っている場合は、複数の画面共有ができます。

そこまでして、(合計月額8000円)複数の画面共有をする必要がないので、詳しくは調べてませんが、設定方法をざっくり載せておきます。


1.マイアカウント > 設定 > 複数のコンテンツの共有を許可する


2・マイアカウント > 管理者 ルーム管理 Zoom Rooms 追加ルームをクリックして追加

ホワイトボード

Zoomの画面共有で面白いのがホワイトボードです。

共有する画面の選択で、ホワイトボードを選択してください。

ホワイトボードに書き込みながら話ができるようになります。

ホワイトボードは、参加者がみんなで書き込みができるものです。書き込んだホワイトボードは、保存を押すと、画像として保存されます。(矢印部分)

共有を終わりにするときは、同じように共有の停止をクリックします。

以上が基本的なホワイトボードの使い方ですが、ホワイトボードを使いながら話す時に、注目部分を示すことができる、スポットライトの機能があります。

わかりやすいようにごく短い動画をとりました。

Zoomのホワイトボード スポットライト

スポットライトは、自分の名前入りの矢印と赤いライトの2種類があります。

リモート制御

相手の共有画面をこちらからリモート操作できる機能もあります。

それが、リモート制御です。リモート制御は、スマホではできません。PCまたは、タブレットが必要です。

ホスト側画面

まずホスト側画面から見ていきましょう。今現在、相手(ちいさなpcという名前)の画面を共有している状態です。

リモート制御をするには、共有している相手に対してリクエストを送ります。

リクエストを送るには、オプションを表示の脇のV をクリックし、リモート制御のリクエストをクリック。ポップアップのリクエストを押したら、相手が承認するまで待ちます。

OKが出たら、制御できるようになります。ちなみに、コメダ珈琲を検索してみました。

次は、制御される方を見ていきましょう。

制御されるには

ホストから制御のリクエストが来たら、リモート制御をクリックします。

許可の種類が出ますので、選んで許可を押します。

リモート制御が始まりました。○○があなたの画面を制御していますと表示されます。

ホストによって、コメダ珈琲と検索されました。

リモート制御をやめるには、コントロールを停止をクリックします。

zoomの画面共有のまとめ

Zoomの画面共有は、いろいろな機能があることがわかりました。

画面共有機能まとめ

  • 複数の画面共有~Proアカウントでオプションが必要
  • 画面共有は参加者全員が可能(設定あり)
  • ホワイトボードでは書き込みができ、参加者全員で可能。画面保存機能あり。
  • リモート制御を使うと、参加者の共有画面をホスト側でコントロールができる。

千明
千明

子供たちもこれなら離れたお友達とホワイトボードでお絵かきリレー遊びができそうですね。

アイデア次第で使い方が広がるZoom。くれぐれも安全に注意してご活用くださいね。

タイトルとURLをコピーしました