zoomセミナーのやり方。離脱を防ぎ満足度を上げるコツと準備は?

今オンラインでつながるのはzoomが主流ですよね。

簡単に個人セッションやセミナーで自宅にいながら全国の人と繋がれるので、zoomを使った集客が大流行りですね。

でも、オンラインならではの難しさもあり、コツがわからないと、離脱された!クロージングが出来ない!なんてこともあります。手軽に始められますが、やり方を押さえないと、初心者泣かせでもあるんですよね。

私が実際に守っている師匠直伝の、初心者がzoomセミナーを運営する方法や注意するポイントなどをお話しますね。このやり方で参加者がみんな最後まで興味を持って参加してくれましたよ!

Zoomの使い方、始め方はこちらの記事です。

zoom会議使い方の基礎の基礎!無料は使える?【超解説・PC版】

zoomでセミナーのやり方


zoomセミナーを初心者がやる場合、気を付けたいポイントを上げていきましょう。

  • 参加人数
  • 満足してもらうために
  • 自分のマインド設定
  • 目標はどこ?

以上4点を押さえることで、初心者でもセミナーを成功させることが出来ます。

ズームセミナー初心者為の適正参加人数

参加人数は、多ければ多いほどいい、と思いますか?

実は、それ、キケンです。

なぜなら、参加人数が多ければ多いほど、参加者に緊張感が無くなっていくからです。

リアルセミナーなら、席を立って退場することは、勇気がいるのでしにくいのですが、ズームの場合は、ワンクリックで簡単に、1ミリも勇気が必要なく、離脱出来るのです。

特に、面識のない人やSNS上だけの大して親しくない人のセミナーなら、遠慮なく離脱していきます。私の場合は、事前にある程度関係を築いてからやりました。

特にzoomセミナーに慣れていない場合は、事前に関係を作っておくことをお勧めします。

また、後ほど訳を詳しく述べますが、参加人数が多いと、時間が延びるのです。間延びしたセミナーは離脱率が高まります。

ですので、慣れないうちは参加人数は、5人くらいに絞りましょう。

それ以上の方が集まった時は、開催回数を増やして対応します。回数多くこなした方が、自分も練習になりますよね。

実際私も参加人数多くやってしまったときよりも、参加人数5人に絞ったときの方が、運営が楽に勧められましたし、参加者の満足度もあがっています。

満足してもらうために

飽きさせないということがセミナーではとても重要です。素晴らしい内容であっても、平坦なセミナーでは、眠気が襲って来たり、飽きが来てしまいます。

特にオンラインzoomセミナーでは、参加するハードルが低いため、参加者の意識も低いことがあります。

参加者は、マイクオフ、ビデオオフの参加が可能なので、裏で何をやっていても自由ですから、気をつけないともはや席にすらいないかもしれません。

そこで必要なのが、参加意識を高める工夫です。

セミナー序盤の流れの工夫

私がやっているのは、最初にワークをやってもらうことです。

ワークの内容:
今日のセミナーでゲットしたいことを3つ考えてください。
そして、後の自己紹介の時に発表してくださいね!

その際、「心にフックをつけることで、より理解が深まること」と理由をお話してワークに納得していただきます。

すると、取り組みが真剣になりますし、自己紹介もあるのだな、と心の準備が出来ますよね。

ワークの後:
軽く自分の自己紹介とセミナーの流れに触れ、そのあとでお一人お一人に時間を区切って自己紹介をしていただきます。

自己紹介の内容例:
・お住い
・お名前(ニックネーム可)
・お仕事
・ワークの答え

などの項目を話していただきます。

千明
千明

お名前がはっきりわかることで、あとで感想や意見など、指名して発表をしていただくのもやりやすいですよね。

ところどころにワークや発表などを織り込みながら進めると、緊張感やメリハリのあるセミナーになります。

*発言の機会は均等に振るようにしましょう。

このように参加者を巻き込む進行になるので、大人数だと、間延びしてしまうのです。

千明
千明

zoomセミナーの様子を録画する場合は、必ず初めに了承をいただいておきましょうね。

自分のマインド設定

オフラインセミナーと違い、オンラインセミナーは、ビデオオフにしている方も多く、話しに対する反応が全然わかりません

一体聞いてもらえているのだろうか?とちょっと不安にもなります。また、理解の度合いもわかりにくいですよね。

参加者を置いてきぼりにしないために折に触れて、理解を確認することが大事になります。

また、発言を促すことも必要ですね。クイズ形式をとりいれるのも有効です。

準備について

参加者が複数になる場合は、有料アカウントを取得する必要があります。

無料アカウントだと、40分までしか使えないので、有料に変更します。プロアカウントで、月額2000円です。個人ならこのグレードで十分だと思います。

環境を整える

自宅開催の場合、背景やカメラ、ライティング、音響、Wi-Fiにも配慮が必要です。

画像をきれいに

自宅の様子が映ってしまいますよね。窓の外の景色が映りこむと、場所の特定をされる可能性があるので注意が必要です。

部屋の様子も丸見えになってしまうので、アングルにも気を付けましょう。

部屋を見せたくない、という場合は、zoomの機能でバーチャル背景があります。

バーチャル背景の使い方

用意するもの:緑の布~リアルの自分の背景に設置します。

使い方:zoom会議を起動したときの、下の方にあるビデオマークの隣の^マークをクリックします。

すると、選択画面へのリンクが出てきます。


背景選択画面が出ます。

画像をクリックすると、このように表示されます。

視線・ライティング

また、カメラの位置も大事で、目線が合う位置にカメラがあるといいですね。

メガネにも配慮が必要です。私がいつも使っているPC用メガネは、ブルーライトカットのものなので、角度によって青く反射してしまい、とても汚い画像になってしまいます。

出来れば、ライティングにも配慮しましょう。暗い部屋、蛍光色のライトなど顔色が汚く映ってしまいます。

音響

音響も、PCのマイクだとこもりがちなので、マイクを用意するといい良いでしょう。

Wi-Fi

Wi-Fi環境には注意が必要です。電波が弱いと、セミナーそのものが配信できなくなってしまいます。

目標はどこ?

あなたが開催するセミナーの目標はどこにありますか?

セールスセミナー、フロントエンド など それぞれ目標があると思います。

セールスセミナーの場合でも、クロージングは、一対一になりますので、必然的にお客様をお待たせすることになります。

クロージング率を高めるには、こちらの記事を参考にしてください。
セミナーのクロージング初体験で成約率10割。秘訣は○○しないこと!

このように、オンラインセミナーからのクロージングはかなり難度が高いです。ですから、オンラインの場合は、クロージングではなくて、個別相談を目標にしておきましょう。

まとめ

リアルセミナーよりも手軽ではありますが、zoomセミナーならではの配慮が必要ですね。

  • 人数を絞ることで、顧客巻き込み型のセミナーにして、参加意識を高めること
  • リアクションが見えないので、理解の確認をまめにすること
  • 環境を整えること
  • 個別相談を目標に

オンラインセミナーを活用すると、集客のチャンネルが1つ増えますね。

zoomは録画ができるので、是非本番前に練習してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました