ワードプレスの引っ越しはプラグイン使いでサブディレクトリへも簡単!

こんにちは!
久々にウオーキングしすぎて足の裏がむけた千明です。

今回は引越し初心者向に「ワードプレスの引っ越しについて」です。

ルートドメインにあるブログの記事部分をサブディレクトリに新設したワードプレスに引っ越しさせたので、経験をシェアしますね。

引越し初心者向けです。.htaccessをいじるのは怖いので、プラグインを活用しています。

サクサクっと引っ越しできますよ!

ワードプレスの引っ越しの全体像

まず最初に、今回の引っ越しの全体像をお話しておきます。

どのような引越しなのか?

今回の引っ越しは、既存のルートドメインにあるサイトの記事部分をサブディレクトリのサイトへの引っ越しになります。

comecohblog.work から comecohblog.work/blogへ

ワードプレスの引っ越しはプラグイン使いでサブディレクトリへ

なぜこんなことをしたのか、というと、もともとのサイトをホームページ仕様にするために、ブログ部分を分離し、こちらはサブディレクトリでアドセンスサイトにしよう、というわけなんです。

ホームページの記事にアドセンス貼り付けるのはスマートではないなあ、と思い、サブディレクトリに引っ越しすることにしました。その方が記事も見せやすくなるでしょうし。

引越しのざっくり手順

  1. 引っ越し先のワードプレスの準備
  2. 引っ越し元の記事をエクスポート(書き出し)
  3. エクスポートした記事を引っ越し先にインポート(取り込み)
  4. 引っ越し元の記事を引っ越し先に転送(リダイレクト)設定
  5. 様子を見て、引っ越し元の記事を削除(しばらくしてから)

では実際にやってきましょう!

引っ越し先のワードプレスの準備

最初に引っ越し先を整えておきます。

やったことリスト

  1. comecohblog.work/blog にワードプレスをインストール
  2. パーマリンクを元サイトと同じ設定に
  3. サイト全体を検索エンジンに察知されないようにnoindexタグを設定

1.comecohblog.work/blog にワードプレスをインストール

使っているサーバーはエックスサーバーです。簡単インストールを使うとサクッとできます。

ワードプレス簡単インストールワードプレスインストール に入り、設定対象ドメインを選択します。

サイトURLにスラッシュ/ 以下サブディレクトリを指定できます。それだけで、サブディレクトリにインストールできるのです。あとは、必要事項を入れるだけ。

サブディレクトリにワードプレスをインストール

確認画面へ進むを押して、確認したら、インストールするを押しましょう。

サブディレクトリのssl設定

普通にエックスサーバーでワードプレスインストールすると、SSL設定が自動的にできるのですが、サブディレクトリにインストールする場合は、その機能がありません。

新しくできたサイトは保護されていません、とのこと。

サブディレクトリのssl設定

ネット界隈を見ると、.htaccessに追記が必要と。。ハードル高そうです。

しかし、.htaccess についてさらに調べると、

ファイルを設置したディレクトリから下の全てのファイルが影響範囲になります。
複数設置することが可能で、複数ある場合は下の階層にあるものが優先されます。

https://sem-journal.com/seo/how-to-redirect/

とのこと。結局は何もしなくてよいようです。

千明
千明

過去に作ったサブディレクトリのサイトは特に何もしてないのに、SSL設定されている!(気が付かないうちに設定していたのです)

千明
千明

今回は、引っ越しということで慎重になったから気が付いたのでしょうね~?

すっきりしたところで、サブディレクトリのSSL化手順です。

サブディレクトリのSSL化手順
トップレベルドメインの設定が有効になっています。 やることは、ダッシュボード>設定>一般 に入り、URLがhttp:// となっているところをhttps://に書き換えるだけです。保存を押すと、いったんログアウトされるので、再びログインして出来上がり!
サブディレクトリのssl設定

これだけで、サイトのSSL化ができました。

サブディレクトリのssl設定

2.パーマリンクを元サイトと同じ設定に

元サイトと同じパーマリンク設定にしておくと、変換がスムーズにいきます。今回のサイトも同じ作りにしたいので、ここは、初めから設定しておきました。

3.サイト全体にnoindexタグを設定

引越し作業中は、元サイトの記事が生きています。そのような状態で、引っ越し先の記事を公開してしまうと、重複コンテンツといって、Googleにコピペだ!と思われる可能性があります。不利に働くと困るので、少しの期間でも用心のため、引っ越し先のサイトは、Googleに察知されないような設定をしておきます。

この設定はnoindexというタグをサイト全体にしておけばOKです。このタグがあると、Googleはスルーするようになります。

サイト全体にnoindex設定の手順

ダッシュボード>設定>表示設定 に入ります。

検索エンジンでの表示検索エンジンがサイトをインデックスしないようにするにチェック。

サイト全体にnoindex設定の手順

つぎは、記事の書き出し(エクスポート)をします。コピーの書き出しなので、元サイトの記事に変化はありませんので安心してくださいね。

引っ越し元の記事をエクスポート(書き出し)

引っ越し元の記事をエクスポートするには、ワードプレスのツールでも出来るのですが、使われている画像の設定などの「周辺の設定」がうまくいかないと面倒なので、今回は、プラグインを使い、周辺設定をまるっと簡単にエクスポートすることにしました。

エクスポートにあたりうまく画像が書き出せないというエラーがあるので、事前に画像処理系のプラグインは停止しておきましょう。

今回は、EWWW Image Optimizerを無効にしました。

エクスポート用プラグイン・DeMomentSomTres Export

多くの記事で推奨されているプラグイン・All-in-One WP Migrationは、不採用。

今回の記事引越しは、サブディレクトリへの引っ越しなので、All-in-One WP Migrationの無料プランではカバーしていません。サブディレクトリやサブドメインなどのマルチサイトの引っ越しは、有料機能になるそうです。

そこで、今回使用したのが、DeMomentSomTres Export。こちらは、マルチサイトでもカバーしてくれます。

DeMomentSomTres Exportでエクスポートすると

  • サブドメインも引っ越しができる
  • 記事に使用している画像も一緒に書き出してくれる
  • アイキャッチ画像も一緒についてくる
  • 吹き出し画像はついてこない

ということになります。

では、DeMomentSomTres Exportのインストールから記事のエクスポートまでやってみましょう。

DeMomentSomTres Exportインストール~エクスポート

ダッシュボード>プラグイン>新規追加に行き、検索窓にDeMomentSomTres Exportといれます。出てきたら、今すぐインストールを押し、続いて有効化を押します。

DeMomentSomTres Exportでエクスポート

ダッシュボードにもどり、ツール>DeMomentSomTres Export に行きます。

エクスポート画面に行くので、エクスポートする内容を選択していきます。

今回は、投稿記事をすべてエクスポートするので、下図のような設定になりました。

DeMomentSomTres Exportでエクスポート

記事が複数ページに分割されているとき、分割設定を引き継ぐ場合は、Paginatedにチェックを入れましょう。

DeMomentSomTres Exportでエクスポート

これでよければ、エクスポートファイルをダウンロードを押します。PCに○○.xmlファイルがダウンロードされます。

エクスポートファイルをダウンロードを押しても、元記事には影響ありません。コピーされてダウンロードです。(元記事は普通に公開されてますよ)

これで、元サイトの作業は終わりです。次は新サイトでインポート(取り込み)です。

エクスポートした記事を引っ越し先でインポート

記事を新サイトでインポートします。インポート作業はワードプレスの標準機能で可能です。

ダッシュボード>ツール>インポート に行きます。

インポート画面で、WordPress 今すぐインストールを押します。

エクスポートした記事を引っ越し先でインポート

表示がインポーターの実行に変わるので、クリック。

エクスポートした記事を引っ越し先でインポート

WordPressのインポート画面では、ファイルを選択します。

エクスポートした記事を引っ越し先でインポート

先ほどの○○.xmlファイルですね。

エクスポートした記事を引っ越し先でインポート

ファイルをアップロードしてインポートを押します。

エクスポートした記事を引っ越し先でインポート

次に投稿者の割り当ての設定画面になります。

今までのログインユーザを引き継ぐ場合は、ログイン名はブランクで、ユーザ名を下の選択蘭から選択します。新しいログイン名にする場合、ログイン名を記入しましょう。

添付ファイルのインポート・・画像ファイルも必要なので、チェック

エクスポートした記事を引っ越し先でインポート

実行を押して、しばらく待ったら、出来上がり。

ところが。。この先はエラーの話なので、要らない方はサイトの確認までジャンプ

504エラー

千明
千明

なかなか進まないな~。そんなに記事数無いんだけどな~。

と思っていたら、こんなエラーが。。

504エラー

時間がかかりすぎてタイムオーバー!

気を取り直して、もう一度インポート作業をやり直しました。

今度はすんなり。。と思ったら、既に存在していますの報告が。。

エクスポートした記事を引っ越し先でインポート
エクスポートした記事を引っ越し先でインポートエクスポートした記事を引っ越し先でインポート

エクスポートした記事を引っ越し先でインポート
千明
千明

な~んだ、インポート出来ていたんじゃないの~!

ま、こんなこともあります。ひとまず、記事の取り込みができたので、サイトを確認です。

サイトの確認

エクスポートした記事を引っ越し先でインポート

アイキャッチ画像も記事内の画像も、設定もすべて引き継がれていました。

唯一作業が必要なのが、吹き出しの画像でした。吹き出しの設定を元サイトと同じにして、復元して、出来上がりです。

引っ越し元の記事を引っ越し先に転送(リダイレクト)設定

インポートを終えた段階では、元サイトの記事が有効になっていて、引っ越し先の記事は、検索エンジンにスルーされている状態です。

Googleロボットや検索した人は、元記事に来てしまうので、これを新記事に自動で転送する設定をします。

転送の設定は301リダイレクト(恒久型)と302リダイレクト(一時型)がありますが、引っ越しの場合は301リダイレクトの転送をします。

転送設定もプラグインで楽々です。ではやってみましょう!

Redirectionで転送設定

リダイレクトはRedirectionプラグインでやります。

インストールして有効化しましょう。

Redirectionで転送設定

有効化したら、ダッシュボード>ツール>Redirectionに進みましょう。

このページは特に設定がないので、セットアップを開始をクリック。

Redirectionで転送設定
Redirectionで転送設定

基本セットアップです。

一番上から、

  • ワードプレスのパーマリンクの変化をモニターする
  • エラーのログを保存
  • リダイレクトと404エラーのIP情報を保持する

です。情報を保持したい場合はチェックです。

Redirectionで転送設定
千明
千明

私は一応チェックしました。

REST API(情報を呼び出すプログラム)の注意事項があります。

とても簡単に言うと、セキュリティプラグインなどが呼び出しプログラムをブロックすることがあるので、こういう時はRedirectionのせいじゃないですよ。とのことです。

セットアップ完了をクリックします。

Redirectionで転送設定

設定が終わったら、完了!をクリック。

Redirectionで転送設定

設定ができたら、リダイレクトをインポートになります。

Continueを押します。

Redirectionで転送設定

転送ルールを設定します。

千明
千明

すでにリダイレクトの記録があるので、ちょっとびっくりしました(汗)

千明
千明

よく見ると、記事を書いたときに、URLの編集がうまくいかず、いったん公開してから編集をした記事がリダイレクトされていたようです。

Redirectionで転送設定

転送ルールは簡単です。

元記事のURLを上の段に入れ、転送先のURLを下の段に入れます。

記入したら、転送ルールを追加をクリック。

Redirectionで転送設定

これで、リダイレクト設定も終わりました。

転送先のサイトに設定していた、noindexの設定を解き、元記事が転送されているかチェックしましょう。

以上で終わりです!お疲れさまでした!

元記事の削除

最後に、もう1つ。。

リダイレクト設定をしてしばらくたち、元記事のURLが忘れ去られたら、元記事を削除しても大丈夫です。それまでは、しばらく温存しておいてくださいね。

ワードプレスの引っ越しのまとめ

今回、ワードプレスの記事の引っ越しを決行しました。サブディレクトリへの引っ越しなので、なかなか情報がない中、ちょっと心配でしたが、やってみるととても簡単でした。

使用したプラグインとツール

  • DeMomentSomTres Export (記事の書き出し)
  • ワードプレスのインポートツール (記事の読み込み)
  • Redirection (記事の転送設定)

プラグインを活用すると、難しい設定がないので、気分的にとても楽に引っ越しができます。

50記事ほど引っ越ししましたが、所要時間は半日でした。

サブディレクトリに引っ越しの記事があまり見当たらず、リサーチに時間がかかりましたので、引っ越し部分の時間だけなら1時間もかからないと思います。

参考になると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました