記事が書けないのはあなただけじゃない!原因と対処法4つ

こんにちは!
もブログの千明です。

ブログ書かなきゃ、と思っても、手が止まることって、誰にでも?ありますよね。 書けない日々が続くと、もうダメ!私は書けない人なんだ!とますます自分を追い詰め、記事更新から遠のいてしまいます。

私も経験ありますので、その気持ち、わかります。

書けるようになるために、ちょっと自分を追い込んでみませんか?

記事が書けないのはあなただけじゃない

どうしても記事が書けない、という方は、とても多いのです。

 

ブログを書く作業というのは、誰に迷惑をかけるでもないので、書く、書かないは、自分との闘いになってしまいますよね。

うちのコンサル生さんにもかなりな重症者がいますが、書けないことでますます自信がなくなってきました。自分は書けない人、というレッテルが日に日に大きくなっていくんです。

そのままにすると、必要以上に記事書きハードルが高くなってしまい、自己肯定感も低くなってしまいます。

 

気持ちを保つために、事実を認識しましょう。

記事が書けない悩みは多い!
あなただけじゃない!

ということをまずは受け入れてくださいね。

 

そして、多くの人は悩みを乗り越えてます。自分を信じて書くことで、乗りこえられます

  1. 思い込み
  2. 完璧主義
  3. ネタ切れ
  4. 書く気が出ない

これが、書けない病の四大原因です。

原因別に対処していきましょう。

 

記事が書けない原因別対処法

記事が書けない病の原因別の対処法です。対処法があるので、行動すれば、必ず書けるようになりますよ。

1.書けないと思い込んでいる

書けない!と言っているあなた!

ラインとかやってるでしょ?メール書くじゃん?と思いますが。。。

小学生レベルの本が読めないとか、ラインやメールも意味不明、という人じゃなければ、一般人なみの文章は書けます。

 

検索したブログとの比較で書けないと思い込んでませんか? 検索してみたブログは、検索上位の素晴らしいブログです。人のブログと見比べないこと。

 

素晴らしいブログの人々も、最初から分かりやすい文章を書いていたわけではないのです。彼らの今の記事だけを見て、自分と比べないことです。

比べるなら、昔の自分と比べましょう。経験も増え、成長していませんか?

 

慣れること

難しいことは考えずに、慣れましょう。

長文を書かねば、文字数を気にしなければ、などということは何も気にせず、慣れることを目標にします。

 

何かを成功するために必要な目標は、スモールステップ。今の自分よりも少しだけ上の段階を目指します。やる気をなくす原因は、目標が高すぎることです。

大きな目標を分割して、階段を低くします。目標を達成できる喜びと自信が付きますよ。

 

習慣をつけること

ブログに触ることもできない!という重症な方は、

  1. ブログを開ける
  2. 触る
  3. ちょっと書いてみる

ここからスタートです。

 

最初はだれも読みに来ないから何でもよし!後々加筆修正や削除すれば大丈夫です。

目標はスモールステップで達成!

書く内容は?

書くのに慣れていない方は、何を書いたらいいか悩みますので、ヒントを上げておきましょう。

  • 今日あったこと
  • 自分の好きなこと、得意なことは?

前もって箇条書きにしてできるだけあげましょう。上げた内容で毎日1テーマずつ書いていきます。できれば自分の感情も入れてきましょう。

 

タイピングが不得意で書けないのなら、Googleドキュメントで口述筆記してもらいましょう。

 

少し慣れてきたら、さらに付け足します。

  • 書く内容にそって章立する
  • 章立てに沿って肉付けしていく

 

次の段階は、キーワードとタイトル

キーワードを意識し、タイトルも興味を引くように考えます。タイトルにはキーワードを入れます。キーワードをいれることで、検索エンジンからアクセスがやってくるようになるチャンスができますよ。

 

2.ほかのブログをみて、意気消沈している

ほかのブログの記事は、わかりやすく読みやすいのに、自分はどうしたら書けるようになるのかわからない。。という場合は、文章の形にはめ込みましょう。

 

わかりやすい文章にはいくつかの型があります。実際読みやすいブロガーさんの記事を見ると、この形になっていますよ。

 

ストーリー法

プロフィールや自分の起業ストーリーに使います。

1.ストーリー 挫折
2.転機 変わったきっかけ
3.成長 どのように変わったのか
4.メッセージ この体験から読者に伝えたいこと

体験法

サービスや商品紹介に使います。

1.Aに出会う前の状態 悩みの実体験
2.Aの出会いで解決
3.Aについての説明
4.類似のサービスや商品との比較
5.体験者の感想
6.まとめ

PREP法

ノウハウ記事に使います。

1.結果(結論)
2.理由
3.具体例
4.結果 (結論くりかえし、まとめ)

 

物事を習得するには、まず形を守り、自分のものにします。自分のものになったら、少しずつほかのやり方も学びます。基本の型を習得してから、ということがポイントですよ。きちんと1つづつ習得せずにほかのやり方を学んでも、中途半端になってしまい、結果は出ません。

 

ほかの型も習得したら総合して自分のオリジナルに発展させます。そうなったら本物ですね!

3.書くネタがない

ネタ切れ。。これ、ありますよね。 ある程度書いてしまうと、書くテーマが残っていないと思ってしまいがちです。

ネタ切れを起こしたときは3つの対処法がありますよ。

 

ターゲットと話す

ネタ切れの時は、ターゲットと話します。

 

話しているうちに何を悩んでいるかなど、新しい切り口や、悩みが見えてきます。私もコンサル生さんと話すと、記事のテーマが湧いて出ますよ。

思いもよらない悩みがあるものです。

インプットを増やす

インプットを増やしましょう。お客さんの読む雑誌もいいネタ元になりますし、テレビやYouTubeの情報番組、読書などもいい情報源です。

 

千明
千明

私がかつてアドセンスをやっていた時、とある番組をほぼそのままの構成で記事にしたら、サイトで一番の人気記事になりましたよ。テレビやYouTubeは、構成を作りこんでいるので、とても勉強になります。

千明
千明

しかも、その記事は、サクッと簡単にできた記事で、自分でも人気になったことが不思議なほどでした。

 

記事の人気は、力を入れて作ったかどうかでは、決まらないのですよね。何がウケるかは、神のみぞ知る、です。

 

テーマを広げてみる

あまりにブログのターゲット絞り込みすぎるとそもそもターゲットの数が少ないし、インプットを増やしても、底が見えてしまします。そういう時は、ブログのテーマを広げられるか検討するのも手です。

 

ブログのターゲットは何を望んでいますか?何に悩んでいますか?

今一度深堀です。

4.どうしても書く気がでない

この気持ち、わかります。誰にでも、書く気が起きないことはあるものです。が、気持ちに負けて書かないでいると、余計やる気がなくなり、絶望的な気持ちになってしまします。

書く気が出ないときの対処法は、

書くこと。書くと決めることです。

  • 環境を整える
  • 書くと決める
  • 最優先にする

と、決めること!

 

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

環境を整える

気が散るものは目に入れないようにします。

 

ある実験によると、スマホがあるだけで集中力が落ちることがわかっています。 スマホは、電源が入っていなくても、集中力の障害になります。見えないところに隠してくださいね。

 

静かすぎず、うるさすぎないこと。

あなたに話しかける人がいない環境で、適度にざわついているところは集中できます。スタバで作業すると集中力アップしますよ。

 

書くと決める

完璧主義を捨てると書けるようになります。自分に高すぎるハードルを設けることはやめ、気持ちに余裕を持つと、ぐっとかきやすくなりますよ。

 

SEOを意識しすぎず、ゆるく考えれば、自由に記事が書けるようになります。SEOをガチガチに意識すると、自分でもつまらなくなり書けないものです。最低限のSEO すればいいじゃないですか? とにかく書く、ということを優先しましょう。

 

記事書きを最優先にする

お茶を飲む時間があるのに、友達とラインする時間はあるのに、記事を書く時間はないですか?

不思議なのですが、忙しい人ほど、時間の無駄を省き、記事をかけるものです。時間の配分を考え直して、記事を書くことを最優先にすれば、必ず書けるはずですよ。

 

プロ意識をもって、仕事だ、と思えば、自ずと記事を書く時間が最優先になりますよね。

記事が書けない理由と対処法のまとめ

記事が書けない理由を大きく4つに分け、それぞれ対処法を述べてきました。

記事を本当に書く能力のない人は、普通の大人だといないはずです。あなたの思い込み、完璧主義を捨て、書くと決めて、書く。書くことを最優先すれば、必ず書けますよ。

 

パソコンに付箋で、記事を書く と貼ってください。

 

書いて目にすることで目標達成する確率が高まりますよ。

SEO気にしすぎるとつらいので、気持ちに余裕をもってくださいね。あなたのカラーが出て、いい記事が書けるかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました