WordPress:記事一覧はプラグインExport All URLsで超簡単!

WordPressお引越しでリダイレクトをするときに、記事一覧表があるといいなあ、と探したら、とてもいいプラグインを見つけました。

はっきりいって、こんなに簡単にできるとは!という神レベルです。

シンプルで使いやすい、記事URLを取得できるプラグイン、Export All URLsをご紹介します。

wordpressの記事 一覧を取得するプラグインExport All URLs

記事のチェックや今回の私のように、ワードプレスの引っ越し時に記事に漏れがないかのチェックには、URLが一覧になっているととても便利ですね。

というか、今回の引っ越しは、一覧がないと不可能だったんです。。400記事を超える記事数の顧客ワードプレスなんで、漏れなしチェックは不可欠です。

こんなことできるのかな?と思ったのですが、さすが、ワードプレスのプラグインはなんでもあり、ですね。

Export All URLsを使えば、簡単に記事のURL一覧表が取得できます。

Export All URLsで出来ること

  • 記事一覧のCSVファイル作成
  • 固定ページ、投稿、カスタム投稿に対応
  • 記事のID、タイトル、URL,カテゴリーが抽出可能
  • 公開記事、レビュー待ち、下書き、自動下書き、予約投稿、非公開、ゴミ箱に対応

など、必要最小限の機能があります。

多機能じゃないので、設定も簡単です。

400記事を超えるリストもあっという間に取得できましたよ。

Export All URLsの使い方

使い方です。

ダウンロードと設定

Export All URLsは、ワードプレス公認プラグインなので、プラグイン>新規追加からダウンロードです。

Export All URLsで検索し、有効化します。

続いて設定です。

シンプルで簡単です!英語ですが、文章じゃないので、なんとかなります。

抽出したい投稿の種類や、データ、記事の状態などを選びます。最後に抽出状態を選びます。

CSVファイルがおすすめです。

CSVファイルは、区切りがついたテキストファイルです。メモ帳でも見られますし(見づらいですけど)Excelファイルにもできるものです。Excelファイルにするやり方は後程。

一覧表の取得

チェックができたら、Export Nowをクリック。

すると、ほどなく、このような画面になります。

メッセージの大体の意味です。

  • 一番上の緑のメッセージ:ダウンロードはこちらをクリック
  • 2番目の黄色のメッセージ:サーバーからファイルの削除はこちらをクリック
  • 3番目の青いメッセージ:リンクの総数

というわけで、ファイルは、サーバー上に作られるので、安全上の理由からダウンロードしたら、忘れずに削除してください。

削除すると、緑のメッセージで、削除成功!と出ます。

さて、これで、リストの抽出は終わりです。時間もかからなかったですよ。

CSVファイルをExcelにする方法

取得したCSVファイルを見る方法です。

CSVファイルはそのままだと、とても見づらいので、Excel形式にします。

保存したファイルを左クリックを一回します。

それから、右クリックをします。

千明
千明

一度左クリックをしてから右クリックなんですよ。これがわかるまで何度も右クリックだけして、うまくいかないなあ~と思っちゃいました。

プログラムから開くをクリックして、Excelを選びます。

(ここでメモ帳を選ぶと、中身をずらーっと見られます。)

これで、Excelファイルで見られました。

Excelファイルで見られたら、保存形式を選んでおきましょう。何もせずに保存してしまうと、テキストファイルになって見づらいので、保存形式をExcelファイルに設定します。

ファイルの保存形式を選ぶ

保存形式をExcelファイル(.xlsx)にする方法です。

ファイルを名前を付けて保存をすると、このようなポップアップになりますね。

いつもここでささあ~と保存してしまうのですが、いったん踏みとどまり、2番目の欄の一番右のVを押します。

2番目の欄は、ファイルの拡張子~形式を決める.○○のところ~を設定する欄なんです。

例:Excelファイル .xlsx
テキストファイル .txt
CSVファイル .csv

ってこんな風になっています。1つのファイルも、拡張子によって違うファイルになるのですね~。

というわけで、今回は、2番目の欄で、Excelブック (*.xlsx)を選びます。

これでExcelファイルに無事変換されました!

保存を押して保存します。

Export All URLsで記事一覧を取得する方法のまとめ

WordPressで記事一覧をダウンロードするのは、Export All URLsを使うのがとても簡単です。

初心者でも簡単にリストの取得ができますので、下手にSQLをいじったりせずに、プラグインに任せるのがいいと思いました。

使用した後は、プラグインを削除すれば、サイトが重くなる、という弊害も出ませんので、安心して使っていいと思います。

ただ、取得したURLのファイルはサーバー上にあるので、ダウンロードした後は、必ず削除してくださいね。

千明
千明

このプラグインには、とてもお世話になりました。URLの一覧って記事の管理にもあると便利ですし、引っ越しの時は、漏れチェックに大活躍してくれましたよ。

タイトルとURLをコピーしました